HOME>特集>中学の受験を行うのがはじめての家庭に向けたアドバイス

目次

獲得できる得点を確実に取ろう

名古屋で中学受験をする際に気をつけるべき点は、獲得できる得点を確実に取ることができるように勉強の仕方を工夫することです。特にラストスパートともいえる6年生の12月頃は、新しいことを取り組むのではなく、今まで行ってきた勉強の取りこぼしがないように勉強を進めることがポイントになります。中学受験では満点を取らなければ合格できないのではなく、7割程度取ることができれば合格することができるので、基礎問題を確実にすることが重要です。

年末年始の過ごし方

名古屋で中学受験を行うのであれば、6年生の時の年末年始の過ごし方にも気をつけなければなりません。年末年始はクリスマスや大晦日、正月など行事が多くあるので、生活リズムや勉強のペースが乱れてしまうこともあるからです。子どもの集中力が途切れないように家庭内で配慮することがポイントになります。

息抜きをさせることも大切

名古屋で中学受験を行っていると、ライバルも多いのでより多く勉強させたいと考えがちですが、子どもには息抜きも大切です。だらだらといつまでも勉強させるよりは時間を決めてメリハリをつけて勉強する方が効率的である場合もあります。息抜きさせるときはゲームではなくスポーツをさせるのがおすすめです。

偏差値を見る時の注意点

名古屋で中学受験をする時は、模試などを受けて偏差値を参考にすることが多いですが、その偏差値は集団で大きく変わることを知っておくことが大切です。塾によっては模試を受ける子のレベルが高い為、自分の子どもの偏差値が下がることがあります。したがって模試の成績によってあまり一喜一憂することがないようにしましょう。

広告募集中